kimura haruka no nikki
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
「華の棺」の人々
先日無事に終了いたしましたクロジ第13回公演「華の棺」ですが、
この物語への追記を、もうしばしさせていただこうかと思います。

作家:森悠として、
今回出演してくださった役者さん、ひとりひとりに対して、
なにをどう思って、役を書き、「演ってくだされ」と進呈したのかを、お話します。

まずは、
クロジに2回以上出演してくれている方々から…

■大高雄一郎 (灰田遼平/飯尾卓志)
ゆっちは、前回公演「ヒルコ」では主人公をやってくれました。
その時とはガラリと違う役柄を今回は書きました。
特に現代パートの遼平がそうです。
これは前回ご一緒したおかげで、
ゆっちの人柄とか普段の乗りとかに触れて生まれた創作です。
こうして、役者さんと直に出会うことで、
「新しい役を書かせてもらえる」ということがよくあるので、
私にとっては「役を書かせてくれる魅力のある役者」はとてもありがたい存在です。
ゆっちはそんな期待に応えて、遼平と好演。飯尾も格好いい軍人さんでした。
稽古場の面々からも、「今回一番いいやつ!」と人気がありました。

■三原一太 (砂井真/松村徳二)
三原くんは、10回公演「金瓶梅」から連続してクロジに出演してくれており、
もうすっかり常連メンバー。今回が、4つめの作品になります。
本人にも伝えたのですが…
「かみさまのおかお」のおじさんや、「ヒルコ」の砂井が、なかなかいい役だったせいもあり、
なにをやってもらったらいいか、今回全然浮かびませんでした!!(笑)
そのせいで、名前も前回同様「砂井」…ごめんな。
台本上でも、砂井や徳二に関する描写はごく僅かです。
でも、なんとなく、「三原くんなら、この程度書いておけば埋めてくれる、に違いない」という
根拠のない信頼もありました。
そんな横暴な期待に見事に応えてくれた三原くん。とても尊敬している役者さんです。


続いてクロジ初参加の方々…

■釘宮理恵 (丸茂くみ/間島日菜子)
理恵さんのような THE 人気者 をお呼びできた時はつい、
「ふふふふ、クロジでしか見られない理恵さんを見せてやろう…」
という欲目が出ます(笑)
理恵さんのパブリックな印象を起点にして、
なにをしてもらったら、面白いギャップになるか?という想像をするのです。
その象徴なのが、くみの「死ぬ死ぬ宣言」であり、
また妊娠など、女性としてより現実的な問題を孕んだ役をやってもらうことになりました。
(31歳という年齢設定も「リアルな痛さ」にこだわった数字です)
そしてそれとは対照的に、過去パートの日菜子は、
理恵さんの容姿とお声でやってほしい「偶像」です。
末娘、ブラコン甘ったれ、わがまま、キツイ性格…
最高。私の大好きな設定を盛り込みました。

■細見大輔 (間島貴規/間島邦央)
なんせ細見さんですからね…
まさかこのような伝説を召還できるとは思っていなかったので…
ホストとしては全力を尽くすわけですが、
これを最後にもし万が一「もうクロジとかいう女の子劇団とは二度とやんねーわ」と言われてもいいように、
私の細見さんについてのイメージを、過去と現代の2役にコレデモカ!と全部ぶち込みました。
過去パートの邦央に関しては、細見さんの表層(外見や眼差し)の要素を起点に構築し、
現代パートの貴規に関しては、
私が出会った、事務所の先輩で西の明るいお兄さんの細見さんをベースにしました。
…で、演じてもらった結果…
邦央は私にとって「萌えの権化」になっちゃったし、貴規はあんなに健康オタクになっちゃった…
いや、いい意味で!いい!意味!で!
…いやはや、細見大輔恐るべし、でした。

■沢城千春 (入江君彦/間島祥介)
ちっぱーの舞台での姿は、以前に2度ほど見たことがありました。
今回の主人公の設定を考えていたときに、
問題の中心にいるのに「え、おれ?おれが悪いのーん?」と
悪びれずにきょとんとしてる顔が浮かんできて、ちっぱーのことを思い出しました。
過去パートの祥介に関しては、とにかくそれと間逆な人物になるよう描写しました。
稽古が始まる前の執筆中には、ちっぱーとはほとんど話したことがなかったわけですが、
君彦を書き進めるのに、役の描写で迷ったことは一度もなかったので、
それはきっとちっぱーのタレント性なんだと思います。
そして、読み合わせを聞いて、稽古場始まってからは、
ちっぱーがそこにいてくれるだけで、勝算を疑ったことはありません。
でも、稽古をともにする中で、ちっぱーの新しい魅力もたくさん目にすることができたので、
またいつか、なにかを書かせてもらえることがあれば、もっとガラリと違う役を書かせてもらえたらうれしいです。


そしてクロジふたり…

■福圓美里 (ヨリ婆/松村ヨリ)
ヨリ婆という役に関してにとどまらず、今企画のほぼ発端の時点ですでに、
「美里の得意技を封じてみたら…」というアイディアがありました。
おばあさん役、というのは、その「得意技封じ」のために結果出てきた答えだったのです。
私はクロジの正規のメンバーではありませんが、
私は、美里がクロジの舞台の真ん中にいる、ということがとてもうれしいのです。
美里がクロジの舞台の真ん中にいてくれるなら、
美里にとって毎公演毎公演違った挑戦ができる、やりがいのある役を書くことを、執筆の目標にもしています。
というわけで、前回公演「ヒルコ」では天真爛漫なお姫様をやってもらったので、
今回それと間逆の役になりました。
若く美しい女性でなくても、クロジのヒロインはきっと愛される。
それを見事に体現してくれました。

■松崎亜希子 (入江遊子/野瀬芙二子)
あきちゃんの役と、私の役は、どっちがどっちを演じるか最後まで不確定でした。
女優二人分、前世と現世を合わせると、合計4役のタイプを、
「いつもなら、これが私…これはあきちゃん…」と何度も検証していたのですが、
「前世か現世、どちらかの役がちょっとムズイ!」ということになるのです(笑)
いや、当たり前ですよね。
だって美里だっておばあさんに挑戦してるんだから、私たちもやらねばなるまい!
ということで、体格や存在感のバランスを考えてこのキャスティングに。
あきちゃんにとっては、過去パートの芙二子さんが特に課題だったようです。
仕草や目線、細かな演技が要求され、心理的にも、発散する役ではなく一途な思いを秘めつつ鬱屈している役は、
まさに新境地でした。
「じゃあ遊子は演りやすいのかな?」と思うと、それにはそれで体当たり。
どんな役にも近道をしないで、本番までには役の根幹を掴むのが、女優松崎の底力です。


最後に自分自身…

■木村はるか (間島朋絵/永田るい)
他のキャストほとんどが、現代パートをベースにしてご自身に近いパーソナルで書かせていただいたのに、
私の場合は、過去パートのるいがベースになっているみたいです。
きっと、生まれてくる時代を間違えたのですね。
作家の自分が、役者の自分に、役を書き与える。
自分に向いてることと向いてないことは、おおまかにわかっていても、
当然ながら自分が演じやすいように書くわけではなく、あくまで物語のために役を作用させます。
執筆中、頭の片隅で、自分が演じることをもちろん考えながらも、
「まじかー…今回そんなかー…できないと思うー…無理だと思うー…まぁいっか!稽古場で!!」
と思いながら書いています。


物語を書いているとき、もちろん全身全霊で書いてはいるのですが、
所詮私がひとりきり机の上で書いたものを過信することはできません。
稽古場で、みんなに魂と体を持ってして演じていただいたものが、説得力のある物語なっていくと信じています。
私がひとりきり机の上に展開させた物語・ひとりひとりの登場人物が、
役者たちに演じてもらって、お客様の目にも映る形を成したことが、今回もとてもエキサイティングでした。
ご来場ありがとうございました!
posted by kimuraharuka | 11:39 | クロジ | comments(1) | - |
クロジ第13回公演「華の棺」終了しましたー!
クロジ第13回公演「華の棺」
おかげさまで全日程全公演、無事に終了いたしました!
ご来場くださったみなさま、応援してくださったみなさま、まことにありがとうございました!
ワタクシ、木村はるかは今回も、役者としての出演だけでなく森悠名義での脚本執筆もやらせていただきました。
クロジと私で紡いだ輪廻転生の物語、みなさまお楽しみいただけたでしょうか?
感想お聞かせいただけたらとてもうれしいです!

劇場で、出演者やスタッフのみんなと撮った写真を、思い出に置いておきますね。

私が演じた役。
まず現世では…舞台となっているお庭のある間島家の朋絵奥様。


そしてその前世にあたる、同じく間島家の女中、るい。


登場人物の中で唯一、輪廻転生の記憶を持つ女性。難しい役どころでした。

現世での相方は…夫・間島貴規役の細見大輔さん。


所属事務所の先輩であり、舞台人として大ベテランの細見さんと共演できたこと、とても幸せでした。

そして、前世で殺し合う、ヨリ役は福圓美里。


チャレンジングな役に体当たりの美里。
前世での、るい殺害のシーンは2人で創作ダンス(殺陣)がんばりましたー!

記念に2人の墓の前で…(笑)


美里との一騎打ち、とってもうれしかったー!

その他ー☆
釘宮理恵さんと。

楽屋でも打ち上げでもたくさんお話させてもらって、とても光栄でした。
理恵さんはすごく知的で頼れるお姉さんなのに、仕草や表情が女の子らしくてかわいい!

そして、クロジ松崎亜希子と。


集合写真。キャストの後ろにいるのは、メインスタッフや、本番中私たちのお芝居を影で助けてくれる演出部の方たちです。


恒例の楽屋チェキもあるよ☆


はあー…
取り急ぎね。
まだ実感ないのです。
自分の中の棺の扉が、今ゆっくり閉じているところ。

posted by kimuraharuka | 20:23 | クロジ | comments(3) | - |
☆クロジ13『華の棺』基本情報☆
クロジ第13回公演「華の棺」
2014年9月17日(水)〜21日(日)
@六本木・俳優座劇場


演出:野坂実(東京じゃんけん)
脚本:森悠

出演:
沢城千春(みゆきちゃんの弟くん!)
福圓美里(うちのボス!)
釘宮理恵(舞台では初めてご一緒いたします!)
大高雄一郎(ヒルコに引き続き!)
松崎亜希子(あきちゃん!)
木村はるか(私です!)
三原一太(この人よく出るね!)
細見大輔(私と同じ事務所のパイセン!いいお兄ちゃんです!)


タイムスケジュール:
17日(水)19:00
18日(木)19:00
19日(金)14:00/19:00
20日(土)14:00/19:00
21日(日)14:00

チケット:
全席指定4500円


チケット発売情報
2014年7月19日(土)10:00〜

[チケットぴあ]
0570−02−9999
http://pia.jp/t

[クロジオンラインチケット]
※クロジオンラインチケットをネットでご予約の場合、「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要です
http://www.kuroji.jp
0120-240-540
(平日10:00〜18:00)

☆クロジWebサイト☆
posted by kimuraharuka | 23:01 | クロジ | comments(3) | - |
クロジ第12回公演『ヒルコ』
全公演日程無事に終了いたしました!
ご来場くださったみなさま、応援してくださった方、ほんとうにほんとうにどうもありがとうございます!



正直、まだこの『ヒルコ』から、私自身の気持ちが離れられてなくて…物語も、演じた役も、座組のみんなも、愛おしくて、うまく言葉にならないのです。

クロジに関わるようになって、このような大きな舞台を作ることや、そこで生じるしんどさが、ごく当たり前に体に響いてきていた私にとって、「いい仲間と演劇作る」という些か幼稚ですらある根源的な喜びが、この『ヒルコ』には溢れてました。

自分が演劇に纏わる、すごく純粋な地点に回帰できたことに今はただ驚いています。


でも、ありがとうのタイミングだけは逃しちゃいけないから、とりあえず大切な座組のみんなの写真だけでも、ペタペタ貼り付けておきます。
ブログを見てくださるみんなが一緒に公演を振り返れますように。


☆衣装付き女子勢揃い!華やか!☆


☆幼馴染み3人組かわいいー☆


☆銀凪…ありがとう☆


☆珍しく砂井くんがセンター(笑)☆


☆美里と、亜希子と☆


☆全員集合☆


また、会えたら、いいですね、なんだか。

『ヒルコ』を一緒に楽しんでくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました!!
posted by kimuraharuka | 21:02 | クロジ | comments(3) | - |
☆クロジ第12回公演「ヒルコ」情報☆
10月に私が出演するクロジ公演の詳細です。
出演者やタイムスケジュールをはじめ、
チケット情報やダブルキャストについてもお間違いのないようご参考になさってくださいませ。
みなさまに劇場でお会いできるのを楽しみにしています☆

クロジ第12回公演「ヒルコ」

2013年10月2日(水)〜6日(日)
六本木俳優座劇場(六本木6番出口すぐ)にて


演出 三浦佑介(サルとピストル)
作・森悠

【出演】
大高雄一郎(シアトル劇団子)
福圓美里
神田朱未
関智一
立浪伸一(はらぺこペンギン!)
松崎亜希子
木村はるか
三原一太(はらぺこペンギン!)

平川大輔
波多野和俊★

※平川さん、波多野さんはダブルキャストとなります。

【スケジュール】
2日(水)19時
3日(木)19時
4日(金)14時★/19時★
5日(土)14時/19時
6日(日)12時/16時

※4日(金)のみ波多野和俊さんご出演
※受付は開演の1時間前から、開場は30分前です。    

【チケット】
前売り・当日共に全席指定4500円

一般発売は
2013年8月21日(水)10時
ぴあとクロジの公式サイトからの販売となります。

クロジ公式サイト
http://www.kuroji.jp

posted by kimuraharuka | 11:27 | クロジ | comments(0) | - |
祝われクロジさん
先日のことなのですが

クロジのおふたりさんに
お誕生日をお祝いしてもらいました!


新年度の忙しい時期なのにふたりともありがとう!

今やクロジの企画に参加させてもらうことは、一大興行。
私にとってはいつまでも、当たり前、ではなく、すごく特別で、覚悟のいること。

美里とあきちゃん、
ふたりが、私のことを
森悠だろうが木村はるかだろうが、
代わりのいない存在として
必要としてくれることが、
本当にうれしいし、
なによりの原動力です。

ありがとう。
これからも、よろしくね。
posted by kimuraharuka | 08:53 | クロジ | comments(0) | - |
「かみさまのおかお」
クロジ第11回公演「かみさまのおかお」@六本木・俳優座劇場
無事全日程が終了いたしました!


↑大入袋はいつも通り二人分

ご来場くださったみなさま、
応援してくださったみなさま、
本当にどうもありがとうございました!!


4月の金瓶梅が終了してから、次になにを撃つべきか逡巡して内心「…ちょっと、地味かなぁ」なんて思ったりもしながら、この作品を仕上げていきました。

金瓶梅は震災のための延期を経て2年近くを費やした作品でしたので、今回のこの「かみさまのおかお」は取り掛かりから千秋楽までが本当にあっという間で…今かなり寂しいです(>_<)

↑稽古中のまーさんと達央くん

私自身は個人的にこの作品をとても気に入っています!o( 'ヮ' )o
森悠らしさが、シンプルに、深く、カラッと描かれていて…
それをクロジがしっかり重さを持たせて演出してくれて…
キャストの配置も、華のある主演陣のとクロジ松崎の主軸と、それを癖のある小劇場役者と常連でスパイシーに取り巻き、またダブルキャストの挑戦も思った以上に功を奏しました。
咲ちゃんの切れ味抜群の清廉さと美里の鮮やかで骨太なドラマティックな芝居が、バージョンの違いを際立たせてます。

↑舞台美術の相談をするメインスタッフのみんな

お客様が、たくさん笑って、泣いて、素敵な「モヤモヤ」を抱えて帰っていってくれた手応えを感じました。
うれしかった…!

↑期待のルーキー中泰雅、最年少で突っ込み担当w

ちょっと恥ずかしいけど、いつもどこかで、「自分がなにを作ったか」はっきりわからずにお客様を見送っていた今までと比べて、今回はそれをはっきり実感できたことが、大きな成果でした。

↑この写真の私、マジで40過ぎに見えるスゴイw

一年の締めくくりに、こうしてひとつの劇場でお客様と楽しいひと時を過ごせて、直接「ありがとう」伝えられて、こんなに幸せなことってありませんね。

↑恒例のチェキ。みんなの笑顔…

本当にありがとう。
クロジをいつも応援してくださっている方も、
今回初めて見にきてくださった方にも、同じく厚く御礼申し上げたいです…!

ご来場まことに!ありがとうございました!

posted by kimuraharuka | 15:08 | クロジ | comments(0) | - |
クロジ動き出す。
クロジ12月公演のチケットが発売されましたました!
4月末の『異説 金瓶梅』から約半年の今日この頃…
わたくし森悠こと木村はるかは、
絶賛脚本執筆に追われてますー!〜(((;+д+)))〜

詳細は公式HPのほうに載っておりますので、ご確認くださいねσ((☆ε☆))σ
チケット発売は28日。豪華キャストです!
【クロジ公式webサイト】

今回の公演は「乙女企画」の冠を取り
「クロジ」として初の公演ということで、
ある意味ではリスタート☆

そういう意味ではやはりすこしだけ
いつもと違う緊張感ありますね…!
それに、ここ最近の公演の中では
キャスト数がグッと少ない。
単純にそのボリュームの違いには
当初戸惑いながら書いていました。

実はこの時点で顔合わせはまだなのですが…
手前味噌な事前プチキャスト紹介を
わたくしこっそりしたいと思います…!
稽古が始まったらまたやるよー( ´ ▽ ` )ノ

能登麻美子さん
…クロジ第9回公演「エンガワノクラゲ」でもヒロインを務めてくれました。それ以来のお付き合いで、観劇したりご飯を食べに行ったり、仲良くしていただいてます。

鈴木達央さん
…クロジ初参加のビッグゲストさま。声の現場ではご一緒したことありますが、ほとんど初対面!作家としては、うまくご本人の魅力を活かせる役を書けているとよいのですが…!

松崎亜希子
…我らがクロジのボス(白)!今回は物語の主軸にも関わる重要な役どころです。森悠にとっても執筆に欠かせない担当編集さまのような存在。

三原一太氏
…わたくしの長年のご贔屓劇団「はらぺこペンギン!」看板役者。『金瓶梅』に引き続き出演してくれます。過酷な小劇場で鍛えた抜群の安定感と読解力が武器です。

木村はるか
…はいー私ですー

藤田咲ちゃん
…お仕事でも美里を通じた集まりでも、何度かお会いしてお話ししたことがありますが、彼女も今回がクロジ初参加☆清潔感あるとても可憐な咲ちなん、それを上手く生かせたらと思ってます。

福圓美里
我らがクロジのボス(小)!この人がビジョンを見なければクロジは始まりません。今回は咲ちゃんとのダブルキャストですが、忙しい中それでも舞台に立ちたい!というシバキチっぷりが炸裂です。

中泰雅くん
これまで実はクロジの舞台裏(小道具や消え物準備、諸々演出部要員)を支えてくれていた「劇団イノコリ」所属の役者さん。イノコリーズなくしてクロジ公演は成り立たないほどなんですよ。泰雅くんは文字通りビッグな若手…森悠たっての希望でキャスティングさせていただきました!お見逃しなく!

そんなメンバーでまもなく始まる稽古。
年末まであっという間に過ぎていきそうですが、
素敵なお芝居にできますように!
みなさんどうかお楽しみに☆
posted by kimuraharuka | 12:20 | クロジ | comments(0) | - |
潘金蓮のサヨナラまで
乙女企画クロジ第10回記念公演『異説 金瓶梅』
無事に全日程を終了いたしました。
ご来場いただいた皆様あらためてありがとうございます。

連日サンモールいっぱいの客席を前に主演を務めさせていただけて本当に本当に幸せでした。

すこし長くなってしまうと思いますが、
今公演のことを今ここで言葉にしておこうと思います。

クロジで、森悠として何本かの長編脚本を書かせていただいてきましたが、原作ものをやることも、さらにそれをリライトすることも、また自分をヒロインに据えて執筆をすることも、すべてが特殊すぎて正直ずいぶん戸惑っていました。

しかし稽古に入ってからは、脚本の作業を演出とプロデューサが完全に引き受けてくれたので、私は文字通り全力で潘金蓮に臨むことができました。稽古場にて「役者でしかない」ということはとても純粋で尚且つ逃げ場のない状況です。私を、そんな環境に追い込んでくれた演出とプロデューサに心から感謝しています。

あれだけ豪華なセット・衣装・効果、そして役者陣に囲まれて「主役として」どう存在できるのか…精一杯やるのですが、どうやってもいくらやっても不安は消えないし自信も持てない日々が続きました。
自分が、他の役者に比べて特徴もボリュームもない…そう思えて、でそれはとても、金蓮と近い気持ちだとも気付いたんです。他の何を壊しても、自分の形が変わってしまっても、大声を出して、めちゃくちゃに動いて「あたしはここいる!」不安だから自信がないからそう叫び続ける金蓮と私がすこしずつ引き合っていきました。

あんなに苦手で理解できなかった金蓮を、いつの間にか友だちのように思えるようなった頃ふと私の中に「私は金蓮のこと好きだよ、それじゃダメ?」という言葉が自然に浮かびました。それは仲良くなった女中の春梅が金蓮に言ってくれる言葉でした。
金蓮が、バカなことする前に、取り返しつかなくなっちゃう前に、私がそばにいてあげられればよかった。まるで金蓮のことを、実際の友だちのように捉えていました。

ラストシーンは、劇場に入ってからも答えが出なくて…というか、答えを出そうとか完成させようなんて、私も演出もプロデューサも思ってなくて、ただ「もっと!もっとぐわあって!だああああって!」という擬音語でしかやりとりできなくなりながら、それを私がただただ頷いてやってみる、の繰り返し。
周りからは「はるかが壊れてしまうのでは」と心配されていたみたいです。

帰り道みんなと別れてひとりになると、身体に痛みが戻って来ます。知らないうちに擦り傷やアザだらけになってしまった身体と、あまりにも大きく激しい感情に心が揺さぶられ続けるためか、帰路では涙がとめどなく流れます。苦しいでも悲しいでもなく。


西門慶を殺すために刃物を持って出ていけばもう戻れない

真っ赤っかになったら
刃物と血で染まったマフラーを交換して

暗い階段を急ぐ

髪を乱しながら着物を受け取って腰掛ける

明るくなるともう雪が降っている

ぼんやりしているとあの男がやってくる

大きな気づきが押し寄せるけれど
終わりが訪れる
『サヨナラ』

雪が降り続ける中暗くなる

ふらふら立ち上がってやっとの思いで裏にいくと
受け止めてもらえる

その様子を、舞台裏でみんなが見守ってくれてる。
私の潘金蓮を。


演出 プロデューサ 共演者 裏方スタッフ 制作スタッフ
私を、金蓮にしてくれてありがとうございました。
私の金蓮を、いっしょに作ってくれてありがとうございました。

そして見に来てくださったお客様、
2時間半、私たちの金蓮といっしょに生きてくださってありがとうございました。

またお会いする日まで。

サヨナラ。
posted by kimuraharuka | 00:39 | クロジ | comments(2) | - |
クロジ☆稽古開始!
4月の舞台本番に向けて、
ついにクロジの稽古がスタートしました!


…3月14日
夕方と夜、ちょうど読み合わせをしている時に
大きめの地震があって…メンバーは騒然。
「怖い」という以上に「なぜ…」という、
さすがにショックな顔つきでもありました。

読み合わせは
みんなでロの字型に机を囲んでやったのですが、
私の向かいにはクロジのふたりが座ってて、
つい最近も脚本の改訂などでよく話していたはずなのに、
なぜか去年の地震の時のことを思い出していました。

みーちゃんは収録があって
稽古場から離れたスタジオにいて、
地震が大の苦手なのに
走って稽古場まで駆けつけてきてくれたこと。
あきちゃんは電車が泊まって帰れなくなった私を
家に泊めてくれて、一緒にもりもりご飯を食べたこと。

稽古後はみんなで決起大会!ヽ(●´ヮ`●)ノ
やはりロの字型に座ってご飯&お酒。
こうしてメンバーの顔を見ていると、
一年前のことを自然に思い出せて、
なんだかすこしずつ柔らかな思い出に変化していく。

まだまだ復興への道のりは長いですが、
笑顔も大切にしていきたいです☆
posted by kimuraharuka | 01:02 | クロジ | comments(0) | - |
Search this site