kimura haruka no nikki
<< 宮崎駿、という人 | TOP | 秋のピクニック >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
クロジ第12回公演『ヒルコ』
全公演日程無事に終了いたしました!
ご来場くださったみなさま、応援してくださった方、ほんとうにほんとうにどうもありがとうございます!



正直、まだこの『ヒルコ』から、私自身の気持ちが離れられてなくて…物語も、演じた役も、座組のみんなも、愛おしくて、うまく言葉にならないのです。

クロジに関わるようになって、このような大きな舞台を作ることや、そこで生じるしんどさが、ごく当たり前に体に響いてきていた私にとって、「いい仲間と演劇作る」という些か幼稚ですらある根源的な喜びが、この『ヒルコ』には溢れてました。

自分が演劇に纏わる、すごく純粋な地点に回帰できたことに今はただ驚いています。


でも、ありがとうのタイミングだけは逃しちゃいけないから、とりあえず大切な座組のみんなの写真だけでも、ペタペタ貼り付けておきます。
ブログを見てくださるみんなが一緒に公演を振り返れますように。


☆衣装付き女子勢揃い!華やか!☆


☆幼馴染み3人組かわいいー☆


☆銀凪…ありがとう☆


☆珍しく砂井くんがセンター(笑)☆


☆美里と、亜希子と☆


☆全員集合☆


また、会えたら、いいですね、なんだか。

『ヒルコ』を一緒に楽しんでくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました!!
posted by kimuraharuka | 21:02 | クロジ | comments(3) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 21:02 | - | - | - |
コメント
「ヒルコ」とっても良かったです!
1回しか見れなかったのが本当に悔やまれます。(いつかぜひ再演を!)

そして今回、新たなステージへ進んだクロジを見れたような気がしました。

ヒロインの真珠には共感は出来ないけれども、どこまでもただひたすらに自分の空を駆けてゆくような彼女の自由さへ憧れみたいなものは感じましたので、そういった意味では、今までのクロジ作品に比べると、閉塞的な息苦しさから解き放たれるような、外へ開かれた感じがしました。

ところで、パンフで立浪さんが「稽古場で木村さんがよく分からない動きをしているのが気になる」と仰っているのですが(笑)、写真の中にありますか?
私も凄く気になります!(笑)
2013/10/12 03:23 by まこと
まことさん
ご来場ありがとうございました!
とってもうれしい感想です!
久しぶりに美里を主演に据えたクロジ公演だったので、クロジ的なハッピーエンドにしたかったんだー
そんなふうに感じてもらえてうれしいです。

パンフ…?
立浪め、そんなことををを?
んー確かに変な動きはしている!(笑)
私にとってはすごく大切なことなんだけど…うまく言葉で説明できないなぁ。
2013/10/14 02:46 by はるか
こちらこそ、素敵な作品を見せていただき、ありがとうございました!
アニメ「紅」をきっかけとしてクロジを追い続けてきて、本当によかったと思っています。

かつて「紅」のイベントの時に、松尾監督から「木村はるか、この役者は絶対に憶えておいて下さい」と酒を飲みながら強くオススメされ(笑)、その後、木村さんがクロジに関わっていることを知って今に至るのですから、監督には感謝ですね。

更にその時、監督はなぜプレスコを始めたのかというお話しもされたのですが、きっかけは真田さんの舞台を観て、役者はこんなにも生き生きと芝居をしているのに、アニメのアフレコではそれを殺してしまっていたのだとショックを受け、役者に申し訳ないと思ったからなのだそうで、そんなお話しもあって、素晴らしい役者さんたちの生の芝居をもっと感じなくてはと思った私は、木村さんや真田さんや沢城さんたちの舞台に通うようになったわけです。

ひとつのきっかけから自分の世界が広がってゆくのは、とても嬉しいことですね。

ということで、長々と申し訳ありませんが、森悠次回作は「紅」の五月雨荘の人たちがやろうとしていたミュージカル「貴方の頭上に光が輝くでしょう」をお願いします\(^o^)/なんちて/(^o^)\
2013/10/14 12:58 by まこと
コメントする










Search this site